鯉のぼり (弘田龍太郎)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

『鯉のぼり』(こいのぼり)は童謡文部省唱歌。作詞は不詳、作曲は弘田龍太郎

歌詞[編集]

  1. 甍(いらか)の波と雲の波、
    重なる波の中空(なかぞら)を、
    橘(たちばな)かおる朝風に、
    高く泳ぐや、鯉のぼり。
  2. 開ける広き其の口に、
    舟をも呑(の)まん様見えて、
    ゆたかに振(ふる)う尾鰭(おひれ)には、
    物に動ぜぬ姿あり。
  3. 百瀬(ももせ)の滝を登りなば、
    忽(たちま)ち竜になりぬべき、
    わが身に似よや男子(おのこご)と、
    空に躍るや鯉のぼり。

概要[編集]

こいのぼりの雄大さをたたえ、男児がこいのぼりのように雄大に成長するようにという願望を歌っている。甍とはのことであり、「竜になりぬべき」というのはが滝を登って竜門をくぐるとになるという伝説から来ている。

1913年(大正2年)に刊行された『尋常小学唱歌 第五学年用』が初出。

文語調であるため、最近は口語調の「♪屋根より高い…」で始まる『こいのぼり』のほうがよく歌われ、この歌はあまり歌われなくなっている。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

教育芸術社発行 小学生の音楽5