高雄ガス爆発事故

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
高雄爆発事故
Kaohsiung Explosions August 01.svg
概略図(☆が爆発地点)
場所  台湾高雄市前鎮区苓雅区
座標 北緯22度37分21秒 東経120度19分48秒 / 北緯22.62250度 東経120.33000度 / 22.62250; 120.33000座標: 北緯22度37分21秒 東経120度19分48秒 / 北緯22.62250度 東経120.33000度 / 22.62250; 120.33000
日付 2014年8月1日
死亡者 32名
負傷者 321名
テンプレートを表示
2014年高雄凱旋路氣爆現場.jpg

高雄ガス爆発事故(たかおガスばくはつじこ)とは、2014年7月31日深夜にて8月1日台湾高雄市で発生した大規模爆発事故。

概要[編集]

現場は高雄市中心部・高雄駅南東に位置する市街地で[1]、7月31日夜には現場周辺の住民らからガス漏れの通報があったため[2]、消防局などが対応に当たっていた[3]

現地時間8月1日0時頃(日本時間1日1時頃)に爆発が発生した。爆発は2~3km2の広い範囲で複数個所で起き、道路が数100メートルにわたり陥没し車両が横転した[4]

現場道路の地下にはプラスチック原料となる可燃性のプロピレンガスのパイプラインが通っており、プロピレンガスが漏出し爆発につながったと見られている[5]

8月2日、高雄市環境保護局は事故原因をパイプラインからのプロピレンの流出によるもので、李長栄化学工業の過失によるものだと発表した[6]

なお、高雄市近郊に石油化学コンビナートがあり、市内の地下を多数のパイプラインが通っており、1997年にも道路工事でガス管を掘り出す際、爆発事故が発生し死傷者が出ている[7]

影響[編集]

出典[編集]