高滝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
高滝
高滝
位置 北緯35度13分11.3秒
東経140度10分56.1秒
座標: 北緯35度13分11.3秒 東経140度10分56.1秒
所在地 千葉県夷隅郡大多喜町粟又
落差 30m
滝幅 30m
水系 養老川
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

高滝(たかたき)は、千葉県夷隅郡大多喜町にあるである。

地理[編集]

高滝は養老川上流の大多喜町粟又にあり、地名から通称「粟又の滝」、河川名から「養老の滝」と呼ばれ[1]、地元自治体や観光情報サイトによる観光案内などでは通称である粟又の滝という名称のほうが多く用いられており[2][3][4][5][6][7]国土地理院発行の地形図でも粟又の滝で記載されている[8]養老渓谷を代表する名所であり、千葉県随一の名瀑として観光名所となっており[3]、付近は新緑紅葉の季節には大型の観光バスが通行すること[9]や、道幅が狭かったこと[9]もあわせて例年自動車による渋滞が発生していたが[10]2013年(平成25年)1月に国道465号筒森バイパス[11]2014年(平成26年)11月に千葉県道178号小田代勝浦線面白バイパス[12][13]の供用が開始されたことにより、渋滞が緩和されアクセスが向上した[9]
落差約30メートル、幅約30メートル、延長約100メートルで、流れは地面を穏やかになめるように流れる[3]。滝壺付近から下流にある小沢又の滝付近までの約2キロメートルにかけて「粟又の滝自然遊歩道」が整備されている[14]

地形・地質[編集]

高滝(粟又の滝)の下部にある、砂岩が削られ泥岩が残ったケスタ地形である。

傾斜(北に向かって下がる)に沿って水が流れている。ここでは砂岩凝灰岩が柔らかく侵食され、砂岩が削られて滝が形成された。一方、泥岩は侵食されずに残っている[15]。このため滝ではケスタ地形が観察できる。

交通アクセス[編集]

鉄道

  • JR内房線五井駅より小湊鉄道に乗り換え、養老渓谷駅下車
    • 小湊バス粟又行き 「粟又の滝」下車
    • シャトルバス(紅葉シーズンの土・日・祝日運行) 「原の台」(粟又の滝自然遊歩道入口)下車
  • JR外房線大原駅よりいすみ鉄道に乗り換え、上総中野駅下車 もしくはJR内房線五井駅より小湊鉄道に乗り換え、上総中野駅下車
    • 小湊バス粟又行き 「粟又の滝」下車
    • 探勝バス(新緑・紅葉シーズンのみ運行)粟又の滝行き 「粟又の滝」下車

自動車

脚注[編集]

  1. ^ 高滝 千葉県立中央博物館 中央博デジタルミュージアム 2017年9月1日閲覧
  2. ^ 粟又の滝 - 千葉県公式観光情報サイト まるごとe!ちば
  3. ^ a b c 粟又の滝 - 大多喜町公式ホームページ 2017年7月22日閲覧
  4. ^ 房総の魅力500選 〔自然〕 - 千葉県公式ホームページ
  5. ^ 粟又の滝 - 大多喜町観光協会 観光情報 養老渓谷
  6. ^ 粟又の滝の観光情報 - るるぶ.com
  7. ^ 粟又ノ滝 - 全国観光情報サイト 全国観るなび(公益社団法人 日本観光振興協会)
  8. ^ 地理院地図
  9. ^ a b c ”養老渓谷”が行きやすくなりました - 千葉県ホームページ 暮らしを支えるインフラ整備
  10. ^ 渋滞区間/紅葉期 - 養老渓谷旅館組合
  11. ^ 筒森バイパス 1月29日(火)午前12時 開通 - 大多喜町公式ホームページ 広報おおたき平成24年度2月号
  12. ^ 大多喜町県道小田代勝浦線バイパスが開通しました! - 千葉県公式観光情報サイト まるごとe!ちば
  13. ^ 面白バイパス11月13日から供用開始 - 大多喜町公式ホームページ 広報おおたき平成26年度11月号
  14. ^ 粟又の滝自然遊歩道 - 大多喜町公式ホームページ 2017年7月22日閲覧
  15. ^ 高橋典嗣・山崎良雄 (2008) 『千葉学ブックレット 千葉の教育と文化2 子どもの地球探検隊』 千葉日報社

外部リンク[編集]