高橋隆雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

高橋 隆雄(たかはし たかお、1948年 - 2020年6月16日)は、日本の哲学者・倫理学者。熊本大学名誉教授。

略歴 [編集]

1948年神奈川県に生まれる。東京大学工学部卒業(船舶工学科)。東京大学大学院博士課程単位取得退学(哲学専攻)。1981年から熊本大学大学院社会文化科学研究科に赴任、その後教授として応用倫理学の開拓に従事。調査倫理学、日本的生命倫理、将来世代学、災害倫理など、新しい方法論や研究領域、学問構想を提唱。2014年3月に定年。

著書 [編集]

  • 『生命という価値』(高橋隆雄・粂和彦編著)2009年 九州大学出版会
  • 『脳神経倫理学』(J.イレス編 高橋隆雄・粂和彦監訳 田口周平・加藤佐和・片岡宜子訳) 2009年 篠原出版新社
  • 『生命・環境・ケア』(高橋隆雄) 2008年 九州大学出版会 (日本医学哲学倫理学会賞)(紹介ビデオ http://www.iiv.ne.jp/booklounge/index.html)
  • 『自己決定論のゆくえ』(高橋隆雄・八幡英幸編著)2008年九州大学出版会
  • 『工学倫理:応用倫理学の接点』(高橋隆雄・小原祐三・広川明編著)2007年 理工図書 (九州工学教育協会出版賞)
  • 『日本の生命倫理:回顧と展望』(高橋隆雄・浅井篤編著)九州大学出版会
  • Taking Life and Death Seriously: Bioethics from Japan. (T.Takahashi ed.). Advances in Bioethics vol.8. Elsevier. 2005
  • 『生命・情報・機械』(高橋隆雄編著)   九州大学出版会 2005年
  • 『生命と環境の共鳴』(高橋隆雄編著)九州大学出版会 2004年
  • 『「よき死の作法」をめぐって』(高橋隆雄、田口宏昭編著)熊日出版 2004年
  • 『よき死の作法』(高橋隆雄、田口宏昭編著)九州大学出版会 2003年
  • 『ヒトの生命と人間の尊厳』(高橋隆雄編著)九州大学出版会 2002年
  • 『ケア論の射程』(中山將、高橋隆雄編著)九州大学出版会 2001年
  • 『自己決定の時代の倫理学』(高橋隆雄著)九州大学出版会 2001年
  • 『遺伝子の時代の倫理』(高橋隆雄編著)九州大学出版会 1999年