高橋誠一郎 (文学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

高橋 誠一郎(たかはし せいいちろう、1949年 - )は、日本のロシア文学者、文芸評論家。

福島県二本松市生まれ。1975年東海大学文学部卒業。1979年同大学院文学研究科文明研究専攻修士課程修了。1983年東海大学外国語教育センター助教授、教授。2013年退職。

著書[編集]

  • 『『罪と罰』を読む 「正義」の犯罪と文明の危機』(刀水書房、1996年)
  • 『欧化と国粋 日露の「文明開化」とドストエフスキー』(刀水書房〈比較文明学叢書〉、2002年)
  • 『この国のあした 司馬遼太郎の戦争観』(のべる出版企画、2002年)
  • 『司馬遼太郎の平和観 『坂の上の雲』を読み直す』(東海教育研究所、2005年)
  • 『司馬遼太郎と時代小説 「風の武士」「梟の城」「国盗り物語」「功名が辻」を読み解く』(のべる出版企画、2006年)
  • 『ロシアの近代化と若きドストエフスキー 「祖国戦争」からクリミア戦争へ』(成文社、2007年)
  • 『「竜馬」という日本人 司馬遼太郎が描いたこと』(人文書館、2009年)
  • 『司馬遼太郎とロシア』(東洋書店・ユーラシア・ブックレット、2010年)
  • 黒澤明で「白痴」を読み解く』(成文社、2011年)
  • 『黒澤明と小林秀雄―「罪と罰」をめぐる静かなる決闘』(成文社、2014年)
  • 『新聞への思い―正岡子規と「坂の上の雲」』(人文書館、2015年)

参考[編集]

外部リンク[編集]