高橋真裕 (銀行家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

高橋 真裕(たかはし まさひろ、1950年(昭和25年)12月25日 - )は、日本銀行家岩手銀行代表取締役会長。

来歴・人物[編集]

岩手県北上市出身。立大法学部卒業後、岩手銀入行。融資、審査部門を長く担当した。

2007年、当時の永野勝美頭取から、「じっくり後輩を見た中で、ベストは分からないがベターだろう。」の辛口の評価を受けつつ、常務から後任として昇格する。年齢にして15歳の若返りとなった[1]。しかし、会長に退いた後も永野の専横が目に余り、2頭政治への行内での不満が高まる中、2009年4月、永野を会長から解任。頭取中心のスピード経営を目指す体制とした[2]2014年には、東日本大震災を乗り越え、7年ぶりの増収増益となったことなどから会長に退いた[3]

中小企業診断士資格を有するほか、システムのプログラミングを手掛けるなど、多彩な側面も持ち合わせる[4]

略歴[編集]

  • 1973年(昭和48年)- 立教大学法学部卒業後、岩手銀行入行
    • 以降、平舘支店長、審査部審査役、同部長等を歴任する
  • 2002年(平成14年)- 執行役員審査部長
  • 2003年(平成15年)- 常務取締役
  • 2007年(平成19年)- 代表取締役頭取
  • 2014年(平成26年)- 代表取締役会長

脚注[編集]

  1. ^ 日本経済新聞 2007年5月15日
  2. ^ 日本経済新聞 2009年4月24日
  3. ^ “岩手銀頭取に田口氏 高橋氏は会長就任へ”. 岩手日報. (2014年5月16日). http://www.iwate-np.co.jp/economy/y2014/m05/e1405161.html 2014年5月16日閲覧。 
  4. ^ 『ニッキン縮刷版2007年』 2008年、日本金融通信社。