高梨氏館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
logo
高梨氏館
長野県
高梨氏館
高梨氏館
別名 中野城、中野小館、中野御館、高梨城、高梨小館
城郭構造 平城
天守構造
築城主 高梨政盛(完成は政頼の代)
築城年 室町時代
主な改修者 高梨氏
指定文化財 史跡
位置 北緯36度44分40.0秒
東経138度22分35.6秒

高梨氏館(たかなししやかた)は長野県中野市にあった高梨氏一族の居館日本の城)。国の史跡高梨城高梨小館中野小館中野御館中野城などと呼ばれることもある。

概要[編集]

北信濃地域の豪族高梨氏の館である。背後の鴨ヶ嶽城を詰めの城としていた。戦国初期に、高梨政盛が建て始め、政頼の代に完成したといわれる。戦国時代、武田信玄の勢力が北信地方に及ぶと、高梨政頼上杉謙信を頼った。武田氏滅亡後、本領の一部を回復したが、上杉景勝の会津移封に同行したため、城は廃城となった。 2007年平成19年)2月6日、国の史跡に指定された。

現状[編集]

東西約130メートル、南北約100メートルの規模で土塁などが残る史跡公園として整備されている。 発掘調査では、門跡一棟、礎石建物跡5棟、掘立柱建物7棟、庭園跡等が確認されている。

所在地[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]