高木佳子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

高木 佳子(たかぎ よしこ、1972年11月7日 - )は、日本の歌人神奈川県生まれ。福島県いわき市在住。短歌結社「潮音」選者。

人物[編集]

「片翅の蝶」30首にて第20回短歌現代新人賞を受賞する。その後、当該30首を収録した第1歌集『片翅の蝶』で短歌新聞社第1歌集賞日本歌人クラブ新人賞を受賞する。2010年には個人誌『壜』を創刊する。2012年、第2歌集『青雨記』で第13回現代短歌新人賞を受賞。

経歴[編集]

  • 1972年:神奈川県に生まれる。
  • 1999年:短歌結社「潮音」入社。
  • 2005年:第20回短歌現代新人賞受賞。
  • 2006年:「潮音」新人賞受賞。
  • 2007年:第1歌集『片翅の蝶』(短歌新聞社)刊行。
  • 2008年:第5回短歌新聞社第1歌集賞・第14回日本歌人クラブ新人賞受賞。
  • 2010年:個人歌誌『壜』創刊。
  • 2012年:「潮音賞」受賞
  • 2012年:第2歌集『青雨記』(いりの舎)刊行。第13回現代短歌新人賞受賞。
  • 2015年全国高校生短歌大会審査員(於盛岡市開催)。
  • 2017年:福島民報新聞社「福島民報」歌壇選者。「福島県文学賞」短歌部門審査委員。
  • 2020年:「潮音」選者。
  • 2020年:第3歌集『玄牝』(砂子屋書房)刊行。

著書[編集]

  • 歌集『片翅の蝶』(短歌新聞社)
  • 歌集『青雨記』(いりの舎)
  • 歌集『玄牝』(砂子屋書房)

脚注[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]