高岡漆器

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:高岡漆器の画像提供をお願いします。2017年5月

高岡漆器(たかおかしっき)は、富山県高岡市で生産されている漆器1975年昭和50年)9月4日伝統的工芸品に指定される。

概要[編集]

江戸時代初期の慶長年間加賀藩前田利長が高岡城を築いた際、武具や箪笥[1][2]、膳など日常生活品を作らせたのが始まりと伝えられる。明和年間に辻屋丹甫というものが中国漆器を模造し[3]堆朱、存星等の技法で製造し[4]、後に中国から堆朱、堆黒等の技法が伝えられ、多彩な色漆を使って立体感を表現する彫刻塗、錆絵、螺鈿、存星等の多彩な技術が生み出された技法が取り入れられて、 作風の幅が広がり高岡地方の伝統的な日用品に多く用いられてきた。[1] これらの技法は、高岡の祭りの御車山(みくるまやま)に集結され、町人文化の中に根付き、発展した。[1] 昭和になると組合を組織し[5]、アメリカ、イギリス、フランス、インド、中国、西太平洋の諸島、エチオピア[6]に輸出された。[7]

毎年5月1日に開かれる高岡御車山祭で曳き回される高岡御車山(重要有形民俗文化財に指定)にも、これらの漆塗りの技法が使われている。

現在、高岡市内では小学校中学校に職人を招き、児童・生徒が漆器製作を体験する試みがある。その他、高岡漆器関連の資料館も複数ある。高岡地域地場産業センターでは、漆器や高岡銅器の販売が行われる。

高岡漆器の製作会社が結成・加盟する組織としては、伝統工芸高岡漆器協同組合がある。

特徴[編集]

骨董品として扱われるほどの渋めの製品であったが、螺鈿、錆絵も用いられる。[6]

主な製品[編集]

など

脚注[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c 財務省北陸財務局経済調査課 12貢
  2. ^ 横浜市商工課 3貢
  3. ^ 富山県立高岡商業学校商業調査研究室編、10項
  4. ^ 「商業調査報告. 第2輯(昭和8年度調査) (漆器ニ関シテ)」1934年 10項参照
  5. ^ 富山県立高岡商業学校商業調査研究室編、1項
  6. ^ a b 富山県立高岡商業学校商業調査研究室編、14項
  7. ^ 富山県立高岡商業学校商業調査研究室編、3項

参考文献[編集]

  • 横浜市商工課 編 「横浜商工彙報. 第21」1925年
  • 富山県立高岡商業学校商業調査研究室編 『商業調査報告. 第2輯(昭和8年度調査) (漆器ニ関シテ): 著名物産』 富山県立高岡商業学校商業調査研究室、1934年
  • 財務省北陸財務局経済調査課著 「北陸財務局統計年報 平成20年版」

高岡地域地場産業センター[編集]

富山県高岡市開発本町に所在する。国道8号沿いに建物がある。高岡地域の産業を紹介したり、製品の販売を行っている。1983年設立。

外部リンク[編集]