高安秀樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

高安 秀樹(たかやす ひでき、1958年 - )は日本の物理学者。専門は、フラクタル理論、統計物理学エコノフィジックス。妻は東京工業大学教授の高安美佐子。高安美佐子、金澤輝代士、末重拓己らと共にボルツマン方程式を使い金融市場トレーダーの行動法則について解明している[1]

略歴[編集]

著書・訳書[編集]

  • フラクタル ISBN 4254100507
  • フラクタル科学 ISBN 4254100639
  • フラクタルって何だろう―新しい科学が自然を見る目を変えた、高安 秀樹 (著), 高安 美佐子 (著) ISBN 4478830045
  • 鏡の伝説―カオス・フラクタル理論が自然を見る目を変えた、J. ブリッグス (著), F.D. ピート (著), 高安 秀樹 (翻訳), 高安 美佐子 (翻訳) ISBN 4478830053
  • ゆらぎの科学〈8〉、高安 秀樹 (著), 石田 幸平 (著), 青木 健一 (著), 小倉 久直 (著), 光谷 拓実 (著), ゆらぎ現象研究会 (編集) ISBN 462721121X
  • 経済・情報・生命の臨界ゆらぎ―複雑系科学で近未来を読む、高安 秀樹 (著), 高安 美佐子 (著) ISBN 447883010X
  • エコノフィジックス 市場に潜む物理法則、高安 秀樹 (著), 高安 美佐子 (著) ISBN 4532149541
  • 経済物理学の発見 ISBN 4334032672
  • Practical Fruits of Econophysics ISBN 4431289143

脚注[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]