高城申一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

高城 申一郎(たかぎ しんいちろう、1926年大正15年)1月27日 - 2009年平成21年)4月19日)は日本の実業家、元住友不動産社長・会長。愛媛県松山市出身。

略歴[編集]

  • 1926年(大正15年) - 辰美の長男として生まれる。
  • 1947年(昭和22年) - 東京帝国大学経済学部経済学科を卒業、住友石炭鉱業に入社。
  • 1968年(昭和43年) - 住友不動産に移籍、経理部長などを歴任する。
  • 1973年(昭和48年) - 同社代表取締役に就任。
  • 1977年(昭和52年) - 同社代表取締役常務に就任。
  • 1981年(昭和56年) - 同社代表取締役専務に就任。
  • 1984年(昭和59年) - 同社代表取締役副社長に就任。
  • 1985年(昭和60年) - 同社代表取締役社長に就任。
  • 1994年(平成6年) - 同社代表取締役会長に就任。
  • 2009年(平成21年)4月19日 - 心不全のため、東京都稲城市の病院で死去、83歳[1]
  • その他、不動産協会副理事長(1990年就任[2])・理事長(2003年就任[3])などを歴任した。

受章・受賞[編集]

参考[編集]

  • 交詢社 第69版 『日本紳士録』 1986年

脚注[編集]

  1. ^ 高城申一郎さん死去 元住友不動産社長、元不動産協会理事長 有名人の葬儀 2009年5月8日
  2. ^ 朝日新聞 1990年4月14日朝刊
  3. ^ 朝日新聞 2003年4月23日朝刊
  4. ^ 朝日新聞 1994年4月28日朝刊
  5. ^ 朝日新聞 1999年4月29日朝刊
先代:
安藤太郎
住友不動産社長
1985年 - 1994年
次代:
高島準司
先代:
安藤太郎
日本高層住宅協会理事長
1997年 - 2001年
次代:
不動産協会に合併)
先代:
田中順一郎
不動産協会理事長
2003年 - 2005年
次代:
岩沙弘道