田中順一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
たなか じゅんいちろう
田中 順一郎
生誕1929年9月28日
日本の旗 日本 東京都
死没 (2010-01-10) 2010年1月10日(80歳没)
東京都
死因多臓器不全
出身校慶應義塾大学経済学部
職業実業家
栄誉勲一等瑞宝章(2003年)

田中 順一郎(たなか じゅんいちろう、1929年(昭和4年)9月28日 - 2010年(平成22年)1月10日)は、日本の実業家。三井不動産社長。

人物[編集]

東京都生まれ。1951年慶應義塾大学経済学部卒業後、三井不動産に入社。

住宅第二事業部長、開発企画部長、ビルディング事業部長、レッツ事業本部長を歴任し、1985年専務、1987年社長、1998年会長、2007年常任相談役。

石川島播磨重工業(現:IHI)工場跡地の再開発である大川端リバーシティ21では中心的役割を果たし、若い頃は霞が関ビル実現に走り回るなど、複雑な地権者間の利害調整で能力を発揮した[1][2]

1999年には日本からは3人目となる世界不動産連盟の世界会長に就任。ほかに不動産協会理事長、不動産団体連合会会長、三井生命保険オリエンタルランドの社外取締役、三井住友海上火災保険の社外監査役などを務めた。また母校の慶應義塾評議員を1989年1月から6期連続務め、1998年から慶應義塾理事。

2010年1月10日、多臓器不全のため三井記念病院で死去。80歳没[3]

著書[編集]

編著[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 「三井不動産社長になる田中順一郎専務 再開発のエキスパート」『朝日新聞』11面 1987年4月16日
  2. ^ “三井不動産前社長・田中順一郎氏「お別れの会」、しめやかに”. 不動産ニュース. (2010年2月17日). https://www.re-port.net/article/news/0000021080/ 2022年3月11日閲覧。 
  3. ^ “三井不動産元会長の田中順一郎氏が死去”. 不動産ニュース. (2010年1月13日). https://www.re-port.net/article/news/0000020758/ 2022年3月11日閲覧。 
先代
坪井東
三井不動産社長
1987年 - 1998年
次代
岩沙弘道
先代
坪井東
不動産協会理事長
1996年 - 2003年
次代
高城申一郎
先代
(新設)
不動産公正取引協議会連合会会長
2002年 - 2010年
次代
南敬介