高城憲夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
高城 憲夫
たき のりお
生年月日 1900年1月
出生地 日本の旗 日本鹿児島県川辺郡東南方村
没年月日 1987年3月14日
出身校 広島文理科大学
前職 旭川師範学校校長
所属政党 日本再建連盟

当選回数 1回
在任期間 1942年 - 1946年

Flag of Makurazaki, Kagoshima.svg 第2代 枕崎市長
当選回数 1回
在任期間 1954年5月 - 1954年12月
テンプレートを表示

高城 憲夫(たき のりお、1900年1月 - 1987年3月14日)は、日本の政治家衆議院議員(1期)。枕崎市長

経歴[編集]

鹿児島県川辺郡東南方村(現・枕崎市)出身[1]1934年広島文理科大学を卒業[2]。小学校訓導、鹿児島県立中学校、香川県女子師範学校鹿児島県女子師範学校の各教諭[2]を経て、旭川師範学校校長に就いた[1][2]1942年第21回衆議院議員総選挙で鹿児島1区(当時)から大政翼賛会の推薦を受けて当選する。

戦後、大政翼賛会の推薦議員のため、公職追放となる[3]。追放解除後の1952年第25回衆議院議員総選挙日本再建連盟から鹿児島1区で立候補したが落選。翌年、枕崎市長に就任した。

この他、枕崎冷蔵社長、図書工作会長、高木学園園長などを務めた[2]

脚注[編集]

  1. ^ a b 議会新聞社編 『翼賛議員銘鑑』、1943年241頁。NDLJP:1439721 
  2. ^ a b c d 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』372頁。
  3. ^ 『朝日新聞』1946年2月10日一面

参考文献[編集]

  • 『翼賛議員銘鑑』議会新聞社、1943年。
  • 『議会制度百年史 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年11月。