高井実徳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

高井 実徳(たかい さねのり、宝暦13年(1763年) - 天保5年(1834年11月)は、江戸時代中期から後期の旗本山田奉行大坂東町奉行を務めた。本姓横田氏。官位は従五位下山城守。

人物[編集]

文化14年(1817年)に山田奉行に就任、文政3年(1820年)に大坂東町奉行に転任した。

高井にとって特筆すべきはこの時代であり、この時、与力の一人であった大塩平八郎を重用、汚職の一掃を図った。しかし健康面と高齢を理由に天保元年(1830年)に辞職、ほどなくして大塩も奉行所を去る。その後、御三卿の一つである田安家家老に就いたが、天保5年(1834年)に没した[1][2]

登場する作品[編集]

出典[編集]