高井俊輔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
高井俊輔
別名 SHUNSUKE TAKAI
生誕 (1981-09-29) 1981年9月29日(37歳)
出身地 日本の旗 日本 静岡県浜松市
学歴 早稲田大学人間科学部
ジャンル J-POP
職業 シンガーソングライター
担当楽器 ギターダンス
活動期間 2006年 -
レーベル Street Music Records
事務所 ストリート・ミュージック・レコード
公式サイト www.shunsuke-takai.com

高井俊輔(たかい しゅんすけ、1981年9月29日 - )は、東京都を拠点に活動するシンガーソングライター静岡県浜松市生まれ。血液型O型。早稲田大学人間科学部卒業。Street Music Records所属。

概要[編集]

エレクトロニカ、ファンクの要素を取り入れたJ-POP×ダンスビートが特徴。2011年2月、Facebookページで自身のデモ音源を公開したところ、世界各国のマイケル・ジャクソン、LADYGAGA、OWL CITY、MIKAファンらの絶賛を集める[1]。同年6月2日には、X JAPANのYOSHIKIのファン獲得数を抜き去ったことがYahoo!トップニュースに掲載され[2][3]、6月2日付のGoogle急上昇キーワードの第1位に「高井俊輔」がランクインした[4]。ダンスを交えたステージングをする[6]

来歴[編集]

  • 2006年6月 バンド形態でライブ活動を始める。初ライブはshibuya eggman
  • 2006年8月 1stデモシングル「スクラッチ・ノイズ@ne.jp/おりこうさんごっこ」リリース。
  • 2007年8月 2ndデモシングル「インテグラル」リリース。
  • 2007年10月 1stデモミニアルバム『ストリートMIXTAPE19』リリース。
  • 2007年11月 レコ発東名阪ツアーを行う。
  • 2007年12月 MySpace トップアーティストインディーズ総合部門10位にランクイン。[6]
  • 2008年3月 MySpace トップブログ 総合チャート4位にランクイン。[6]
  • 2008年11月 配信限定シングル「青春致命傷」リリース。音楽ダウンロード・配信サイトListenJapanのリッスン太鼓判に選ばれる。[6]
  • 2009年1月 テレビ朝日「セレクションX The Museum」のエンディングテーマに、「フレッシュでクールでキュートでクラッシュなジーパンでデジャヴュ」が選ばれる。
  • 2009年2月25日 1stミニアルバム「フレッシュでクールでキュートでクラッシュなジーパンでデジャヴュ」全国発売。アルバムには田渕ひさ子クレイジーケンバンドのメンバー、BACK DROP BOMBの 篭橋俊樹らが参加。[7]
  • 2009年4月22日 iTunes storeにて全楽曲の世界配信開始。[8]
  • 2011年2月 Facebookページ開設。
  • 2011年6月1日 全国TSUTAYA(約1300店舗)のレンタル・コーナーにて、無料レンタルキャンペーン開始[1][3]。1stフルアルバム「DANICING BOY DANCING GIRL (Worldwide Deluxe Edition)」世界先行盤発売。
  • 2011年6月2日 Yahoo!トップニュースに高井俊輔の特集記事が掲載される[2][3]。6月2日付のGoogle急上昇キーワードの第1位に「高井俊輔」がランクインする[4]
  • 2011年6月22日 着うた、着うたフル、着ムービー、iTunes先行配信。同日、タワーレコード渋谷店、新宿店、浜松市野店にて「DANCING BOY DANCING GIRL」緊急先行発売。
  • 2011年7月6日 1stフルアルバム「DANCING BOY DANCING GIRL」日本国内盤発売。

ディスコグラフィー[編集]

アルバム[編集]

  • ストリートMIXTAPE19(2007年10月)※現在廃盤
  • フレッシュでクールでキュートでクラッシュなジーパンでデジャヴュ(2009年2月25日)
  1. フレッシュでクールでキュートでクラッシュなジーパンでデジャヴュ
  2. サバイバルナイトフィーバー
  3. 君がダッフルコートで歌ったバラードが思い出せない
  4. 男達のメロディー
  5. 青春致命傷 (remixed by somdomaio
参加ミュージシャン
  • DANCING BOY DANCING GIRL(2011年6月1日世界先行盤/2011年7月6日日本国内盤)

全作詞・作曲・プロデュース:高井俊輔

  1. アバンギャルドシティ
  2. 透明男子
  3. スキャンダルキャット
  4. 花雪
  5. ラズベリーなピュアレディーにずっとラブベリー
  6. ダイヤモンドスナイパー
  7. 真空の歌を聴け
  8. ターンテーブルOFF♂ON
  9. バレンタインデーキッス・グッバイ
  10. グレープフルーツムーン

脚注[編集]

  1. ^ 「高井俊輔 無料レンタル登場!」 TSUTAYA セール&ニュース
  2. ^ 「2011年5月29日~2011年6月4日のアーカイブ」 Yahoo!ニュース
  3. ^ “思わぬブレイク?無名歌手がフェイスブックで人気に”. meVIEWsa radio. (2011年6月2日). http://fmvs.jp/news/music/2011/archive/eid110124.html 2011年6月9日閲覧。 
  4. ^ 「Googleトレンド: 2011/06/02」 Googleトレンド
  5. ^ 「超新星シンガーソングライター高井俊輔!現代に蘇る80'sワールド満載の楽曲『青春致命傷』 本日より配信開始!!」 PLUG IN プラグイン
  6. ^ リッスン太鼓判! 超新星シンガー・ソングライター高井俊輔登場!”. リッスンジャパン. 2011年6月9日閲覧。
  7. ^ “胸キュンシンガーを田渕ひさ子、小野瀬雅生がサポー ト”. ナタリー. (2009年2月24日). http://natalie.mu/music/news/13733 2011年6月9日閲覧。 
  8. ^ ““渋谷ゲリラDANCE”も話題の高井俊輔、iTunesにて世界配信がスタート”. CDJournal.com. (2009年4月14日). http://www.cdjournal.com/main/news/-/23571 2011年6月9日閲覧。 
  9. ^ “高井俊輔、80'sワールドを現代に蘇らせる超新星シンガーソングライター”. BARKS. (2009年2月25日). http://www.barks.jp/news/?id=1000047378 2011年6月9日閲覧。 

外部リンク[編集]