高丘王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

高丘王(たかおかおう、生年不詳 - 天平21年3月3日749年3月25日))は、奈良時代皇族浄大参川島皇子の子とする系図がある。官位従四位下左大舎人頭

経歴[編集]

天平15年(743年无位から従五位下直叙され、右大舎人頭に任ぜられる。天平18年(746年)4階昇進して従四位下に叙せられる。 天平21年(749年)3月3日卒去。最終官位左大舎人頭従四位下。

官歴[編集]

続日本紀』による。

系譜[編集]

  • 父:川島皇子[1]
  • 母:不詳
  • 生母不詳の子女
    • 男子:吉並王[1]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 鈴木真年『百家系図稿』巻10,天智天皇御流

参考文献[編集]