高・低文脈文化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

高・低文脈文化とは高文脈文化(high-context cultures)と低文脈文化(low-context cultures)をまとめて呼ぶ際の用語。高コンテクスト文化低コンテクスト文化とも呼ぶ。

この概念は、アメリカ合衆国文化人類学者エドワード・ホールが『文化を超えて英語版』(1976年)[1]で世界中の言語コミュニケーションの型を高文脈文化と低文脈文化に分類したことに始まる。

なお、「高」「低」という用語が用いられているが、どちらか一方が他方より優れている、劣っているということを表すものではない。

高文脈文化のコミュニケーションとは、実際に言葉として表現された内容よりも言葉にされていないのに相手に理解される(理解したと思われる)内容のほうが豊かな伝達方式であり、その最極端な言語として日本語を挙げている。

一方の低文脈文化のコミュニケーションでは、言葉に表現された内容のみが情報としての意味を持ち、言葉にしていない内容は伝わらないとされる。最極端な言語としてはドイツ語を挙げている。

高文脈文化はより抽象的な表現での会話が可能であるが受け手の誤解などによる情報伝達の齟齬も生じうる。他方、低文脈文化では具象的な表現を行い、会話の文中に全ての情報が入っているため、行間を読む必要もなく、受け手は理解できる。

高文脈文化と低文脈文化の比較の一例を以下に挙げる。

高文脈文化と低文脈文化の比較の例
高文脈文化 No. 低文脈文化
言葉以外に状況や文脈も情報を伝達する
重要な情報でも言葉に表現されないことがある
1 伝達される情報は言葉の中で全て提示される
曖昧な言語
非言語コミュニケーションの役割も大きい)
2 正確性が必要とされる言語
一般的な共通認識に基づく 3 言葉に基づく
双方の合意に基づいた契約でも
状況によって柔軟に変更される
4 双方の合意に基づき契約され
変更は容易ではない
感情的に意思決定される 5 論理的に意思決定される
沈黙は不快ではない 6 沈黙はコミュニケーションの途絶として不快

例えば、電話をかける場合においても[2]

日本語
  • 「Aさんいらっしゃいますか?」
    上記日本語を英語に直訳「Is Mr. A there?」
英語
  • 「May I speak to Mr. A?」
    上記英語を日本語に直訳「私はAさんと話したいのですが、話せますか?」

日本語の場合、Mr. Aの存在確認だけを行っており、その結果、話者はMr. Aと何をしたいのかが表現に入っておらず、聞き手が「電話の主はMr. Aと電話で話したがっている」ということを推測する必要がある。

出典・脚注[ソースを編集]