馮雲山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

馮 雲山(ふう うんざん、Feng Yunshan1815年頃 - 1852年)は、太平天国の指導者の一人。天王洪秀全から南王に封ぜられ、七千歳と称した。

広東省花県(現在の広州市花都区)出身。最も早い洪秀全の支持者で、拝上帝会の創始者のひとりである。1844年から洪秀全とともに広西省で布教活動を始めた。洪秀全が広東省に戻った後も、広西省に残り、紫荊・金田一帯で布教を続けた。楊秀清蕭朝貴韋昌輝石達開秦日綱らが入会し、1847年、洪秀全が再び広西省に到着した時には、拝上帝会の規模は大きなものとなっていた。1848年朝の官憲に逮捕されるが、拝上帝会の信者が賄賂を渡すことで釈放された。その後も拝上帝会は発展を続け、1851年金田蜂起の後、馮は後軍主将・南王に封ぜられた。太平天国の初期の官制・軍制・暦法は馮雲山が定めたという。1852年5月、全州攻略中に清軍の砲弾に当たって重傷を負い、全州が陥落した後の6月10日に死亡した。