馬場貞由

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
馬場佐十郎から転送)
移動先: 案内検索

馬場 貞由(ばば さだよし、天明7年(1787年)-文政5年7月27日1822年9月12日))は、江戸時代後期のオランダ通詞蘭学者佐十郎(さじゅうろう)の通称で知られる。号は穀里(こくり)。

経歴[編集]

長崎の商人・三栖谷(みくりや)家の出身。親戚であるオランダ通詞・馬場貞歴(為八郎)の養子となる。志筑忠雄に師事し、オランダ商館長ヘンドリック・ドゥーフからオランダ語フランス語を学び、その後任ヤン・コック・ブロンホフからは英語、更に日本側に捕らえられていたヴァーシリー・ゴローニンからロシア語を学んだ。文化5年(1808年)、天文方蕃書和解御用が設置されると、大槻玄沢とともに出仕して『厚生新編』の翻訳にあたる。ゴローニン事件をはじめとして、当時頻発していた外国人の来航に対する応対や外交文書の翻訳にあたった。

墓所は宗延寺

参考文献[編集]