香港内河ターミナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
香港内河ターミナル
River Trade Terminal Company Limited
企業形態 私立
業種 物流
設立 1996年
本社 香港
主要人物 ゼネラルマネージャー:陳基恩[1]
親会社 和記黄埔
新鴻基地産
ウェブサイト 香港内河ターミナル
テンプレートを表示

香港内河ターミナル(ホンコンないかターミナル、中国語香港內河碼頭英語River Trade Terminal)は香港新界屯門にあるコンテナターミナルである。望後石の西端にあり、面積は65アール、岸壁延長は3000メートルである。いずれも香港の大手企業である和記黄埔新鴻基地産の2社によって経営されている。

内河ターミナルは、葵青コンテナターミナルと沖荷役作業区と並ぶ香港の重要な物流インフラストラクチャーである。主に香港と珠江デルタの間を航行している小型内航船を対象とし、バルク貨物コンテナ貨物を取扱っている。[2]

ホームページ[編集]

脚注[編集]