珠江デルタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
地図

珠江デルタ(しゅこうデルタ、珠江三角洲、珠三角、Pearl River Delta)は、中国珠江河口の広州香港深圳市東莞市マカオを結ぶ三角地帯を中心とする地域の呼称である。

概説[編集]

1978年改革開放政策が始まって以来、香港の後背地として発展し、香港だけではなく日本や台湾の企業なども進出している。経済特区として早くに開放された深圳のほか、その北に位置する東莞にパソコン・電気製品などを製造する外資系企業の工場が多く進出し、世界有数の製造業の集積地として知られる。 出稼ぎ労働者を含めた域内人口は4000万人を超えるとされ[1]環渤海地域長江デルタ地域と並び、中国でも最も人口が密集した地域のひとつである。2014年の域内総生産額は5兆7650億元であり(約102兆円)であり、広東省全体の85パーセントを占める[1]。珠江デルタ発展計画で2020年までにGDPが2兆6000億ドル、一人当たりのGDPが135000元まで引き上げる事を目標にしており、2000kmに及ぶ都市交通・地下鉄の建設が予定されている。

主な都市[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 朝日新聞2016年1月22日朝刊第12面