首都機能移転候補都市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

首都機能移転候補都市(しゅときのういてんこうほとし)では、首都機能移転の候補地を解説する。

2003年、衆参両院の「国会等の移転に関する特別委員会」にて、「移転は必要だが、3候補地の中でどの候補地が最適なのか、絞り込めない」という形で中間報告を採択した。その後は、国政の場では議論されなくなり、政治の表舞台から姿を消す。また、2011年夏には首都機能移転を担当する国土交通省の部署が廃止される方針[1]である。

候補地[編集]

1999年(平成11年)12月20日の国会等移転審議会の答申は、国会等の移転先となる候補地等について以下のように選定した。

  • 移転先候補地
  • 移転先候補地となる可能性がある地域

以下の条件でこれらの地域が候補地に選ばれた。

  1. 現首都東京との距離がそれほど遠くない地域
  2. 陸・海・空での国際的な将来性をもつ地域
  3. 自然災害(地震・火山・津波など)の少ない地域
  4. 広大な平地を持つ地域
  5. 各地からの交通便利性
過去の候補地

脚注[編集]

関連記事[編集]

外部リンク[編集]