飛鳥山公園モノレール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
飛鳥山公園モノレール
車両「アスカルゴ」

飛鳥山公園モノレール(あすかやまこうえんモノレール)とは、東京都北区王子飛鳥山公園にある、東京都北区が運営するスロープカーである。愛称は公募により施設名があすかパークレール、車両名はアスカルゴに決まった。

概要[編集]

高齢者障害者や子供連れなど誰もが飛鳥山公園を利用しやすくするために、北区が飛鳥山公園入口駅から飛鳥山山頂駅までの間に2億6千万[1]かけて設置した昇降設備で、2009年7月17日から運行を開始している。

運賃[編集]

無料。

運転時間・運転日[編集]

運転時間は午前10時から午後4時まで(強風等悪天候の場合は、安全確保のため運転を中止することがある)、運転日は、12月29日から1月3日までを除く毎日(保守管理などによる運休があり)。

路線データ[編集]

  • 形式:自走式モノレール
  • 延長:レール延長48m(傾斜角度24度)
  • 車両:16人乗り(いす席6人、立ち席10人 )
  • 走行区間:飛鳥山公園入口駅 - 飛鳥山山頂駅
  • 走行速度:30m/分(片道2分)
  • 標高差:17.4m
  • 運行方法:無人運転(押しボタン運転方式)
  • バリアフリー:車イスベビーカーでも利用可
  • 運行中は係員が乗降場に常駐、防犯カメラ(車内1基、乗降場2基)インターフォン(車内)設置。

歴史[編集]

乗降場[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]

座標: 北緯35度45分9.3秒 東経139度44分12.9秒