願掛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
願掛けから転送)
移動先: 案内検索
願掛のろうそく

願掛[1](がんかけ)とは、に願い事を行うこと。

病気の平癒、商売繁盛、縁結び厄払いなどの個人的動機のものが多いが、雨乞豊作祈願などの村落内での共同生活に関する祈願もしばしば行われている。

願掛の方法は動機とも絡み合って様々あるが、百度参りのように神社仏閣に多数参拝することや、水垢離、全てあるいは茶絶ち塩絶ちのような特定食物に対する断食、毛髪や写経絵馬などの奉納などが挙げられる。これらに共通するのは、心身を清浄かつ堅固にし、なおかつ自身に苦行を課することで、神や仏にその願いに対する真摯な姿勢を伝え、その恩寵霊験を期待するとともに、自らもその逆境を打破して願いの実現に向けた精神的な決意を得ようとするものであった。

なお、満願(願いの実現)の際には、を奉納したり、御礼参りを行うことでその恩寵・霊験に感謝することが行われた。

参考文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「願掛け」とも表記する。

関連項目[編集]