須田城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
logo
須田城
長野県
別名 臥竜山城
城郭構造 平城
築城主 須田氏
廃城年 慶長3年(1598年)
遺構 郭、土塁、空堀
指定文化財 須坂市指定史跡

須田城(すだじょう)は、長野県須坂市にあった日本の城。跡地は臥竜公園として整備されている。須坂市指定史跡。

概要[編集]

室町時代井上氏須田氏が須坂扇状地の扇央にある臥竜山の尾根に築城した。山頂に本郭を置き、その周囲に帯郭、腰郭を配置した輪郭式縄張りが見られる。

慶長3年(1598年)に上杉景勝会津移封の際に須田氏も従ったことで、廃城となった。

参考文献[編集]

関連項目[編集]