音もダチだぜ!気分はセッション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
音もダチだぜ!気分はセッション
ジャンル 音楽番組
出演者 ブラザー・トム
ブラザー・コーン
伊藤銀次
ほか
製作
制作 東海テレビ
放送
音声形式 ステレオ放送
放送国・地域 日本の旗 日本
音もダチだぜ!気分はセッション
放送期間 1986年10月3日 - 1990年3月31日
放送時間 当該節参照
放送分 75分
音もダチだぜ!気分はSession
放送期間 1990年4月7日 - 1992年3月27日
放送時間 当該節参照
放送分 75分
テンプレートを表示

音もダチだぜ!気分はセッション』(おともダチだぜ きぶんはセッション)は、1986年10月3日から1992年3月27日まで東海テレビで放送された音楽番組

概要[編集]

5年半にわたって放送された深夜の音楽番組で、毎回J-POP系ミュージシャンたちをゲストに迎えての音楽トークを実施していた。また、彼らが出演するプロモーションビデオやライブイベントのVTRを放送したり、公開収録形式のスタジオライブを行ったりもしていた。

当初は金曜深夜の単独番組として放送されていたが、1989年4月8日放送分からは『スーパーサタデー25』枠内で、1991年4月5日放送分からは『スーパーフライデー25』枠内で放送されるようになった。また、司会は放送開始から長らくバブルガム・ブラザーズが務めていたが、彼らは1990年3月31日放送分をもって降板。同年4月7日放送分からは伊藤銀次が司会を務めるようになり、番組タイトルロゴも「音もダチだぜ!気分はSession」に変更された。

番組の終了後、同枠では替わってラッツ&スター鈴木雅之が司会を務める後継番組『MOTOWN PARADISE』がスタートした。

放送時間[編集]

いずれも日本標準時

  • 金曜 24:15 - 25:30 (1986年10月3日 - 1987年3月27日)
  • 金曜 24:25 - 25:40 (1987年4月3日 - 1988年11月4日) - 『FNN東海テレビニュース工場』の放送開始に伴い、以後は10分遅れで放送。
  • 金曜 24:35 - 25:50 (1988年11月11日 - 1989年3月31日) - 『テレピア流行通信』の放送開始に伴い、さらに10分遅れで放送。
  • 土曜 25:15 - 26:30 (1989年4月8日 - 1990年3月31日) - 『スーパーサタデー25』枠へ移動。最初の2週のみ24:45から放送。
  • 土曜 25:20 - 26:35 (1990年4月7日 - 1991年3月30日) - 『スポーツワイド プロ野球ニュース』の放送枠拡大に伴い、以後は5分遅れで放送。
  • 金曜 25:20 - 26:35 (1991年4月5日 - 1992年3月27日) - 『スーパーフライデー25』枠へ移動。

出演者[編集]

1990年3月まで[編集]

1990年4月以降[編集]

備考[編集]

  • 前期司会のブラザー・コーンは、後にこの番組のアシスタントを務めていた女性と結婚した。

参考文献[編集]

  • 中日新聞縮刷版 1986年10月3日付(テレビ欄に番組解説あり)


東海テレビ 金曜24:15枠 → 金曜24:35枠
前番組 番組名 次番組
音もダチだぜ!気分はセッション
(1986年10月3日 - 1989年3月31日)
東海テレビ 土曜25:15枠 → 土曜25:20枠
(『スーパーサタデー25』第1部)
ムッシュルームマガジン
(25:15 - 26:30)
音もダチだぜ!気分はセッション

音もダチだぜ!気分はSession
(1989年4月8日 - 1991年3月30日)
東海テレビ 金曜25:20枠
(『スーパーフライデー25』第1部)
翔んでもHAPPEN
(25:20 - 26:35)
音もダチだぜ!気分はSession
(1991年4月5日 - 1992年3月27日)
MOTOWN PARADISE
(25:20 - 26:15)
F1グランプリ アンコール
(26:15 - 不定)