韓牛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
韓牛

朝鮮牛または韓牛朝鮮語한우Bos taurus koreanae 朝鮮牛)は朝鮮半島で飼育される ウシの亜種。

従来、欧州系(Bos primigenius)とインド系肩峰牛Bos indicus)の混合種が朝鮮半島に定着、純血繁殖されたものと考えられてきたが、2005年に大韓民国農村振興庁が行った調査によって、欧州やインドの種から分かれたものではなく、モンゴル、中央アジアなどで家畜化されていた牛が源流との説が提起された[1]

種類[編集]

朝鮮牛はその色によって次の三種類に分けることができる。

  • 黄牛
  • 褐牛 ― 褐色地色に黒い縞模様がある。朝鮮童謡「染み子牛」の題材。黄牛や黒牛に比べて数が少ない。
  • 黒牛

日本統治時代の朝鮮では、赤毛の朝鮮牛が多く[2][3]、黒毛および簾毛は比較的少なかったとされ[2]、「赤褐土壌なるこの国に生息している為に、自然淘汰の理法上、保護色として地方土色になった」という説が存在した[3]

脚注[編集]

  1. ^ 한우, 뿌리부터 외산 소와 다르다,《인터넷 농업경제신문(農業経済新聞)》, 2005.10.14.
  2. ^ a b 満蒙牛日本輸出に関する調査 P.280 野中時雄 1930年
  3. ^ a b 満鮮趣味の旅 P.17 遅塚麗水 1930年

外部リンク[編集]