遅塚麗水

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

遅塚 麗水(ちづか れいすい、1867年2月1日慶応2年12月27日)-1942年昭和17年)8月23日[1])は明治大正期の作家新聞記者。本名は金太郎。紀行文の大家として知られている。

略歴[編集]

1867年2月1日慶応2年12月27日)父・保と母・しをの長男として生まれる。生まれは駿河国駿東郡沼津だが、一家は1876年に上京した。幸田露伴とは幼なじみで、ともに菊地松軒の迎曦塾で漢学を学ぶ。小学教員、逓信省の雇吏を経て、1890年郵便報知新聞に入社、作家となり『青年文学』の編集に携わる。日清戦争の従軍記者となり、帰ってからは都新聞に入社。1942年8月23日脳溢血で亡くなる。享年77。[1][2][3]

主な著作[編集]

紀行文
小説
文学全集

参考文献[編集]

  1. ^ a b 上田正昭 (2001). “遅塚麗水”. 日本人名大辞典. 講談社. ISBN 978-4062108492. 
  2. ^ “遅塚麗水”. 国史大辞典. 吉川弘文館. 
  3. ^ “遅塚麗水氏が死去”. 朝日新聞. (1942年8月23日) 

関連項目[編集]

  • 照姫 (豊島氏) - 都新聞で連載した小説『照日の松』の登場人物が伝承化した