静遍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

静遍(じょうへん、仁安元年(1166年) - 貞応3年4月20日1224年5月9日))は、鎌倉時代前期の真言宗。父は平清盛の弟平頼盛。号は心円房・真蓮房。禅林寺法印、大納言法印とも称される。

醍醐寺勝賢仁和寺仁隆などに真言密教を学び、京都禅林寺の住持となった。浄土宗法然が著した「選択本願念仏集」を読んで感激し、浄土教に傾いた。晩年は高野山往生院に住している。