静厳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

靜嚴(じょうごん、寛元元年(1243年) - 永仁7年正月7日1299年2月8日[1])は、鎌倉時代真言宗摂政関白従一位左大臣一条実経の子。母は大納言粟田口忠良の子、良性法印の娘[1]殿大僧正と号す。

厳舜について出家し、勝尊親杲灌頂を受ける。醍醐寺[1]座主随心院門跡[1]東寺長者[1]となる。法務大僧正[1]永仁7年(1299年)に57歳で入滅

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 尊卑分脈