霧社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

霧社台湾南投県仁愛郷大同村の地名。霧社事件発生の地として知られる。

仁愛郷の中心地で、海抜1148mの尾根に沿って細長く発達した集落に仁愛郷の公所(郷役所)や警察署・消防署などの行政施設が集まっている。また省道台14線と台14線の支線である台14甲線が分岐する交通の要衝に位置し、埔里や周辺の村落へ向かうバスが発着するほか、バス停の周辺にはみやげ物屋などが建つ。[1]早春にの花が咲き乱れることで知られ、別名「桜都」とも呼ばれる。[2]

歴史[編集]

霧社の名の初出は台湾府志だが、当初は「致霧社」という名だった。日本統治時代に「霧社」へと改名される。古くはセデック族が住む地だったが、後に漢族(福建移民)も移入した。

1906年4月に台湾総督府警察が霧社を占領、1908年には駐在所が設置された。この駐在所は後に中華民国に引き渡され、南投県政府警察局の「仁愛分局」として現在に至っている。[3]

1930年10月27日にセデック族の頭目モーナ・ルダオを首謀とする大規模な抗日暴動である霧社事件が発生。小学校が襲撃され多数の日本人が殺害される被害が発生した。

日本統治終了後、霧社の地は「仁愛郷大同村」に改称され、行政区画としての霧社は消滅した。[4]

脚注[編集]

  1. ^ 南投県; 片倉佳史. “南投旅遊達人 埔里・霧社”. 2017年1月13日閲覧。
  2. ^ 交通部観光局. “霧社”. 2017年1月13日閲覧。
  3. ^ 仁愛郷公所. “大同村簡介”. 2017年1月13日閲覧。
  4. ^ 仁愛郷公所. “大同村簡介”. 2017年1月13日閲覧。