雪の華

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
雪の華
中島美嘉シングル
初出アルバム『LØVE
リリース
規格 シングル
デジタル・ダウンロード
ジャンル J-POP
時間
レーベル ソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズ
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間3位(オリコン
  • 2003年10月度月間6位(オリコン)
  • 2003年11月度月間8位(オリコン)
  • 2003年度年間53位(オリコン)
  • 中島美嘉 シングル 年表
    FIND THE WAY
    2003年
    雪の華
    (2003年)
    SEVEN
    2004年
    ミュージックビデオ
    「雪の華」 - YouTube
    テンプレートを表示

    雪の華」(ゆきのはな)は、2003年10月1日に発売された中島美嘉の10枚目のシングル。中島自身が出演した明治製菓「boda」「galbo」のCMソングであり、中島は本作にて、第45回日本レコード大賞金賞および作詩賞を受賞した。

    本楽曲をモチーフに恋愛映画として実写映画化され、2019年2月に公開された[1]

    概要[編集]

    NHKの『NHK紅白歌合戦』では、2003年第54回、2005年第56回と2回歌唱されている。2005年第56回NHK紅白歌合戦の出場者選考の参考アンケートとしてNHKが実施した『スキウタ〜紅白みんなでアンケート〜』に紅組9位でランクインしている。また、発売以降、毎年『冬うた名曲ランキング』など各冬うたランキングに選ばれる曲となった。

    中島のリクエストによって、プロモーションビデオは摂氏0度以下のスタジオで撮った。

    韓国では、多くのアーティストがカバーするために中島側に許可を求めたが、本人が直接聴いた結果、シンガーソングライターのパク・ヒョシンに決定。そして、KBS第2テレビのドラマ『ごめん、愛してる』の主題歌として披露され、大ヒットを記録した。また、2008年10月29日に発売されたコンピレーション・アルバム.LOVE』にも収録されている。他にも徳永英明森山良子Boyz II Menなど多くの歌手がカバー版を発表している。

    2015年のFNS歌謡祭にて、河村隆一とともにこの曲を披露している。

    2016年、TVアニメ『ReLIFE』第8話のエンディングテーマに起用された。

    2016年10月度の日本レコード協会リリースにおいて、フル配信でのミリオン到達が認定された。本作の配信開始から13年0か月かかっており、中島みゆき「」(所要15年10か月で到達)に抜かれるまでは史上最長記録であった。

    「雪の華」のリリースから15周年を迎えた2018年10月1日より発売15周年記念した15の企画がスタートし、中島のオフィシャルサイト内に「雪の華」15周年企画の特設ページを開設[2]。10月1日に、高宮紀徹が率いる「Reggae Disco Rockers」によるリミックス「雪の華」Reggae Disco Rockers 2018 Relaxin’mixが先行配信リリース[3]、10月10日には12inchアナログ盤が数量限定で再リリース[4]、11月7日には一発録りで再録したアコースティック版を収録したカバーアルバム『PORTRAIT 〜Piano&Voice〜』が発売された[5]。2019年1月30日には15周年を記念した企画ベストアルバム『雪の華15周年記念ベスト盤「BIBLE」』の発売が[6]、また2月1日には本楽曲をモチーフとして製作され、本楽曲が主題歌となる映画『雪の華』が公開された[1]

    収録曲[編集]

    1. 雪の華
    2. 雪の華(Acoustic)
    3. 雪の華(REGGAE DISCO ROCKERS FLOWER’S MIX)
    4. 雪の華(Instrumental)

    収録アルバム[編集]

    カバー[編集]

    日本のアーティスト[編集]

    日本国外のアーティスト[編集]

    映画[編集]

    雪の華
    Snow flower
    監督 橋本光二郎
    脚本 岡田惠和
    製作 渡井敏久
    田口生己
    製作総指揮 濱名一哉
    出演者 登坂広臣三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE
    中条あやみ
    高岡早紀
    浜野謙太
    箭内夢菜
    田辺誠一
    音楽 葉加瀬太郎
    主題歌 中島美嘉「雪の華」
    撮影 大嶋良教
    制作会社 エー・フィルムズ
    製作会社 映画「雪の華」製作委員会
    配給 ワーナー・ブラザース映画
    公開 2019年2月1日
    上映時間 125分
    製作国 日本の旗 日本
    言語 日本語
    テンプレートを表示

    楽曲をモチーフに恋愛映画として登坂広臣三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE)と中条あやみのダブル主演で実写映画化され、2019年2月1日に公開された[1][8]

    製作[編集]

    2018年2月に“大型ラブストーリー企画”として、タイトルは隠されたまま、三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE登坂広臣中条あやみの初共演が発表された[9]。同年6月、企画の内容が公表される[9]

    ストーリー[編集]

    病気で余命宣告を受けた平井美雪の夢はフィンランドでオーロラを見ることであった。しかしある日トラブルに遭い、呆然とする美雪の前に1人の日本人青年が現れる。それがガラス工芸家を目指している綿引悠輔。悠輔の真っすぐな心を目の当たりにし、恋をしたいと思った美雪。そこで美雪は悠輔が勤務する店が危機に瀕しているのを知り、100万円を支払うから1ヶ月間だけの恋人になってくれないかと持ちかける。しかし、美雪と悠輔はこの出逢いが一生に一度の、運命の恋になることを知る由もなかった。

    キャスト[編集]

    スタッフ[編集]

    脚注[編集]

    [ヘルプ]
    1. ^ a b c “中島美嘉「雪の華」が実写映画化、主演は三代目JSB登坂広臣&中条あやみ”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2018年6月28日). https://natalie.mu/music/news/288718 2018年12月7日閲覧。 
    2. ^ “中島美嘉の人気バラード「雪の華」発売15周年企画スタート”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2018年10月1日). https://natalie.mu/music/news/301968 2018年12月7日閲覧。 
    3. ^ 中島美嘉「雪の華」Reggae Disco Rockers 2018 Relaxin’mix 配信”. Musicman-net (2018年10月11日). 2019年2月9日閲覧。
    4. ^ “中島美嘉「雪の華」アナログ盤、15周年を記念し数量限定で再リリース”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2018年8月15日). https://natalie.mu/music/news/295511 2018年12月7日閲覧。 
    5. ^ a b “中島美嘉「雪の華」を一発録りで再レコーディング、Piano&Voiceシリーズ第2弾発売”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2018年9月27日). https://natalie.mu/music/news/301369 2018年12月7日閲覧。 
    6. ^ a b “中島美嘉「雪の華」15周年記念の企画ベストに44曲「心が元気になって貰えたら」”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2018年11月29日). https://natalie.mu/music/news/309955 2018年12月7日閲覧。 
    7. ^ 中島美嘉トリビュート盤にHYDE、グループ魂、鬼束ちひろら”. 音楽ナタリー (2016年1月21日). 2016年1月21日閲覧。
    8. ^ 中島美嘉「雪の華」が映画に!登坂広臣と中条あやみがW主演”. シネマトゥデイ (2018年6月28日). 2018年6月28日閲覧。
    9. ^ a b “冬のラブソング「雪の華」登坂広臣&中条あやみ共演で映画化 中島美嘉「びっくり」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2018年6月28日). https://www.oricon.co.jp/news/2114477/full/ 2018年6月28日閲覧。 

    外部リンク[編集]