隠された日記 母たち、娘たち

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
隠された日記 母たち、娘たち
Mères et filles
監督 ジュリー・ロペス=クルヴァル
脚本 ソフィー・イエット
ジュリー・ロペス=クルヴァル
製作 アラン・ベンギーギ
トマ・ヴェルアエジュ
出演者 マリナ・ハンズ
カトリーヌ・ドヌーヴ
マリ=ジョゼ・クローズ
撮影 フィリップ・ギルベール
配給 フランスの旗 BAC Films
日本の旗 アルシネテラン
公開 フランスの旗 2009年10月7日
日本の旗 2010年10月23日
上映時間 105分
製作国 フランスの旗 フランス
カナダの旗 カナダ
言語 フランス語
英語
テンプレートを表示

隠された日記 母たち、娘たち』 (Mères et filles) は、2009年フランス映画カナダ映画。母と娘の関係を描いたドラマ。

スタッフ[編集]

  • 監督 - ジュリー・ロペス=クルヴァル
  • 製作 - アラン・ベンギーギ、トマ・ヴェルアエジュ
  • 脚本 - ソフィー・イエット、ジュリー・ロペス=クルヴァル
  • 撮影 - フィリップ・ギルベール

出演者[編集]

ストーリー[編集]

カナダで働くオドレイ(マリナ・ハンズ)は、休暇を取って久しぶりに故郷フランスアルカションへ帰ってくる。亡くなった祖父の家が空き家になっていることを知ったオドレイは、祖父の家で休暇を過ごすことにするのだが、そこで若き日の祖母ルイーズ(マリ=ジョゼ・クローズ)の日記を見つけてしまう。母マルティーヌ(カトリーヌ・ドヌーヴ)は祖母ルイーズの話題を避けたがるのだが、50年前に子供だったマルティーヌたちを置いて家を出たきり帰ってこなかった祖母ルイーズの当時の日記を読んだオドレイは、祖母ルイーズの心の内に思いを馳せずにはいられなかった……

舞台[編集]

公開[編集]

フランスでは2009年10月7日に144館で公開され、週末興行成績で初登場8位になった。日本では2010年10月23日に銀座テアトルシネマで公開され、全国順次公開される。

外部リンク[編集]