降旗憲二郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

降旗 憲二郎(ふりはた のりじろう、1910年12月5日[1] - 2002年[2]6月2日[1])は、日本の企業家。三菱銀行元常務。

略歴[編集]

長野県生まれ。1928年(昭和3年)旧制松本第二中学(現長野県松本県ヶ丘高等学校)卒業[3]1934年(昭和9年)慶応義塾大学経済学部卒業。

同年、三菱銀行の前身である千代田銀行入行[4]。三菱銀行代表取締常務、富士紡績監査役を務めた[5]

人物[編集]

1950年(昭和25年)の第7回通常国会において、商法改正に関する小委員会の設置に際し、 財界より広く意見を聴取することを目的として以下の参考人メンバーが決定されたが、その中に降旗の名前も挙げられている [6]

出典・脚注[編集]

  1. ^ a b 『「現代物故者事典」総索引 : 昭和元年~平成23年 1 (政治・経済・社会篇)』日外アソシエーツ株式会社、2012年、1089頁。
  2. ^ 降旗憲二郎 - 元三菱銀行(現東京三菱銀行)常務 長野県 | 死去ネット
  3. ^ [旧制二中1回(昭和3年)卒 P35.参照『昭和55年度会員録 長野県松本県ヶ丘高等学校同窓会』 - 社団法人 長野県松本県ヶ丘高等学校同窓会/編(1980.2)]
  4. ^ 第7回国会 法務委員会 第5号(昭和25年2月7日)「商法改正に関する小委員会」名簿参照
  5. ^ 降旗家: 閨閥学
  6. ^ 第7回国会 法務委員会 第5号(昭和25年2月7日)「商法改正に関する小委員会」名簿参照

外部リンク[編集]