降旗一夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

降旗 一夫(ふりはた かずお、1950年 - )は、日本の生命科学者、化学者東京大学助教授。農学博士

経歴[編集]

長野県松本市生まれ。1968年(昭和43年)長野県松本県ヶ丘高等学校卒業[1]1972年(昭和47年)東京都立大学理学部化学科卒 [2]1976年(昭和51年)東京大学農学部大学院博士課程修了 [3]博士論文『NMRの新手法の開発とその天然有機化合物の構造解析への応用』により、東京大学より農学博士の学位授与 [4]

現在、東京大学大学院農学生命科学研究科助教授を務める [5]。 専門は、核磁気共鳴(NMR:Nuclear Magnetic Resonance)による新手法の開発、応用研究

日本核磁気共鳴学会評議員 [6]

所属学会[編集]

  • 日本核磁気共鳴学会

著書・論文[編集]

  • 『NMRの新手法の開発 : 立体化学研究に有用なスピン結合定数の測定法の開発とその応用』降旗一夫著 東京大学 2003、2004
  • 『NMRの新手法の開発とその天然有機化合物構造解析への応用研究』降旗一夫著 東京大学 1997
  • 『NMRの新手法の開発とその天然有機化合物の構造解析への応用』降旗一夫著 東京大学 1987
  • 『複雑な化合物の立体学研究に有用なNMRの新しい測定方法 : HR-HMBC法とBIRD-J-resolved HMBC法』59(P-37)
  • 『複雑な化合物の構造および立体化学研究に有用なNMRの新しい測定方法 : CT-HMBC法とJ-resolved HMBC法』12
  • 『天然物のNMRデータベース"CHNMR-NP"への実測スペクトルパターンの入力表示機能の追加』P-4
  • 『天然有機化合物の構造解析のための^Cと^1HNMRデータベースCH-NMR-NPシステムの開発』25
  • 『アフラトキシン生産阻害物質aflastatinに関する研究』40
  • 『天然物のNMRデータベース"CH-NMR-NP"の現状』5

出典・脚注[編集]

  1. ^ 高校20回(渡会教室)卒(松本県ヶ丘高校 母校愛のリレー)
  2. ^ [P245.参照『昭和55年度会員録 長野県松本県ヶ丘高等学校同窓会』 - 社団法人 長野県松本県ヶ丘高等学校同窓会/編(1980.2)]
  3. ^ 『NMRによる解析』(小林久芳、 降旗一夫)
  4. ^ 博士論文 - NMRの新手法の開発とその天然有機化合物の構造解析への応用(CiNii)
  5. ^ 東京大学大学院農学生命科学研究科・農学部 先端機器分析室
  6. ^ 日本核磁気共鳴学会役員 第1期役員(H14~H16)

外部リンク[編集]