阿史那斛瑟羅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

阿史那 斛瑟羅(あしな こくしつら、ピンイン:Āshǐnà húsèluó、生没年不詳)は、西突厥可汗阿史那歩真の子。の右玉鈐衛将軍兼濛池都護、継往絶可汗であり、武周の左衛大将軍、竭忠事主可汗、濛池都護、平西軍大総管でもある。

生涯[編集]

乾封年間(666年 - 668年)に阿史那歩真が死ぬと、子の斛瑟羅が後を継いだ。

斛瑟羅は初め歩利設(ボリ・シャド Bori šad)という官職に在った。時に西突厥では数年の間君主がおらず、部落の多くが散失していた。

垂拱685年 - 688年)の初め、より右玉鈐衛将軍兼濛池都護を授かり、継往絶可汗[1]を襲名し、五弩失畢部落を統領させた。

武周天授元年(690年)、斛瑟羅は左衛大将軍を拝命し、竭忠事主可汗[2]に改封され、濛池都護を賜った。

斛瑟羅は以前より、刑罰を適用するに当たって厳格・冷酷であったため、民衆は彼を恐れていた。一方、突騎施(テュルギシュ)の烏質勒は支配下の諸部落をいたわったため、遠近の諸国は彼に帰服していった。

聖暦二年(699年)、周朝は斛瑟羅を左衛大将軍兼平西軍大総管とし、自国の人々を鎮撫させようとした。しかし、斛瑟羅の部落が烏質勒の勢力に飲み込まれ、弱小となったため、斛瑟羅はあえて本国に帰ろうとせず、その部衆6,7万人とともに中国内地に移り住み、本国の領地はすべて烏質勒に併合されてしまった。

斛瑟羅はそのまま長安で亡くなり、子の懐道(カイドゥ)が後を継ぎ、右武衛将軍となった。

脚注[編集]

  1. ^ 「以前に絶えたものを継承する可汗」の意。
  2. ^ 「忠義を尽くして主君に仕える可汗」の意。

参考資料[編集]

  • 旧唐書』列伝第一百四十四下 突厥下
  • 新唐書』列伝第一百四十下 突厥下
  • 佐口・山田・護訳注『騎馬民族誌2正史北狄伝』(1972年、平凡社)