阿光坊古墳群

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
阿光坊古墳群
所在地 〒039-2165
青森県上北郡おいらせ町105-40
位置 北緯40度36分34秒
東経141度22分34秒
座標: 北緯40度36分34秒 東経141度22分34秒
形状 末期古墳
出土品 刀、玉類、装身具、馬具、農工具など
築造時期 飛鳥、奈良、平安時代前期
史跡 国の史跡
2007(平成19)年
地図
阿光坊 古墳群の位置(青森県内)
阿光坊 古墳群
阿光坊
古墳群
テンプレートを表示

阿光坊古墳群(あこうぼうこふんぐん)は、青森県上北郡おいらせ町にある古墳群。国の史跡

概要[編集]

本古墳群は、阿光坊遺跡、天神山遺跡、十三森遺跡で構成されており、その総称である。

この古墳群一帯は、昔から「十三森」と呼ばれて中世の武者の墓という伝承があり、大刀土師器蕨手刀勾玉などが農作業中に見つかっていた。

1986年(昭和61年)4月に、勾玉が発見されて、翌年発掘調査が行われ、さらに1989年(平成元年)から1990年(平成2年)に本格的発掘調査が行われた。7世紀前半まで溯る11号墳や県内最初となる平瓦の出土の成果が見られた。発掘では、刀、玉類、装身具、馬具、農工具などが出土した。

その後1999年(平成11年)から遺跡の範囲確認調査・測量調査・発掘調査が行われ、7世紀前半から9世紀末にかけて造られた、108基の末期古墳と8基の土坑墓が見つかっている。

古墳の大きさは、直径10メートル前後、高さ1.1メートル程度で、古代蝦夷と呼ばれた人達の、集団長の墓と見られている。

平成19年(2007年)7月26日に、国の史跡に指定された[1]

主な出土品[編集]

刀、玉類、装身具、馬具、農工具

所在地[編集]

〒039-2165
青森県上北郡おいらせ町阿光坊

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典・参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]