関西文化の日

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
「関西文化の日」が実施される地域

関西文化の日(かんさいぶんかのひ)は、関西元気文化圏推進協議会関西広域機構が共同主催して毎年11月に開いている文化イベント

2003年3月文化庁長官(当時)の河合隼雄が、関西地方を文化事業で活性化させて、関西、そして日本全国を元気にさせようという狙いから立ち上げた「関西元気文化圏」の中核イベントとして同年11月に第1回を開催。近畿地方2府4県に三重県福井県徳島県鳥取県を含めた地域で、美術館、博物館、資料館等の文化施設(原則として常設展示)を入館無料で開放し、より美術・芸術に親しんでもらうとともに、関西地方の魅力ある文化作りを楽しんでもらうように実施している。

実施概要[1][編集]

開催期間 参加施設 入場者
第1回 2003年11月15日16日 121施設 72,956
第2回 2004年11月20日21日 181施設 133,274人
第3回 2005年11月19日・20日他 234施設 226,492人
第4回 2006年11月18日・19日他 273施設 244,604人
第5回 2007年11月17日・18日他 327施設 310,988人
第6回 2008年11月15日・16日他 357施設 316,540人
第7回 2009年11月14日・15日他 404施設 353,697人

主要参加施設[編集]

福井県
三重県
滋賀県
京都府
大阪府
兵庫県
奈良県
和歌山県
徳島県

脚注[編集]

外部リンク[編集]