長連豪

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

長 連豪(ちょう つらひで、安政3年(1856年) - 明治11年(1878年7月27日)は明治時代初期の不平士族。初名は此木小次郎。

能登国穴水(現・石川県鳳珠郡穴水町)に、加賀藩士・此木(長)連潔の子として生まれる。幼い頃は漢文学者の豊島洞斎に師事。その後、加賀藩の藩校明倫堂で学ぶ。

西郷隆盛を尊敬しており、明治6年(1873年)~同8年(1875年)の間に2度、合計14ヶ月の間鹿児島に滞在し、桐野利秋別府晋介と親交を結んだ。

島田一郎ら5人と共に大久保利通の暗殺を企て、明治10年(1877年)11月に上京する。そして明治11年(1878年)5月14日、東京の紀尾井坂にて大久保を暗殺した(紀尾井坂の変)。

これがもとで事件後にすぐさま自首し、同年7月27日に市ヶ谷監獄で他の5人と共に処刑された。享年23。

エピソード[編集]

  • 大久保暗殺当日、長は五所紋付きの黒羽織を着用していた(東京日日新聞・明治11年5月15日付)。
  • 処刑されるに当たって、首打役の山田吉亮に言い残すことはないかと聞かれ、「北はどちらの方角ですか」と尋ねた。吉亮が北の方角を指し示すと、そちらに手を合わせて何事かつぶやき、「北は私の故郷で、今なお母が存命なもので」と吉亮に理由を説明したうえで、従容と首を差し出したという。吉亮はそのときの心境を後に「刀の錆にするのが惜しく感じられた」と語っている[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 篠田鉱造『明治百話(上)』(岩波文庫、ISBN 4003346920