長嶋甲兵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

長嶋 甲兵(ながしま こうへい、1960年11月9日[1] - )は、テレビ番組のディレクター広島県出身。テレコムスタッフ所属。ATP賞の審査委員長。上智大学文学部卒業[1]

概要[編集]

主に芸術、文学、政治、井上陽水などをテーマに奇妙な手法のドキュメンタリー番組を演出。1997年詩のボクシング」で放送文化基金賞大賞、2000年「世紀を刻んだ歌~花はどこへいった」でATP賞グランプリ受賞。演出家として担当した「詩のボクシング」で2006年、第32回放送文化基金賞個人・グループ部門(放送文化分野)受賞、第60回芸術選奨新人賞を受賞。

主な番組[編集]

  • 「詩のボクシング」
  • 「世紀を刻んだ歌-花はどこへ行った~静かなる祈りの反戦歌
  • 「世紀を刻んだ歌 ボヘミアン・ラプソディ殺人事件」
  • 「シリーズ日本国憲法 国民的憲法合宿 第96条 憲法改正の手続き」
  • 太宰治 短編小説集」
  • 「漱石「こころ」100年の秘密」

脚注[編集]

  1. ^ a b 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.553

関連項目[編集]