長崎県精神医療センター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Japanese Map symbol (Hospital) w.svg 長崎県精神医療センター
情報
英語名称 Nagasaki Medical Center of Psychiatry
前身 長崎県立東浦病院
長崎県立大村病院
標榜診療科 精神科、神経科
許可病床数

141床


精神病床:139床


結核病床:2床
開設者 長崎県病院企業団
管理者 高橋克朗(院長)
地方公営企業法 全部適用
開設年月日 1953年12月
所在地
856-0847
長崎県大村市西部町1575番地2
位置 北緯32度52分9.4秒
東経129度58分34.3秒
特記事項 精神病床中17床は医療観察法病棟
PJ 医療機関
テンプレートを表示

長崎県精神医療センター(ながさきけんせいしんいりょうセンター)は、長崎県大村市に所在する長崎県病院企業団が設置運営する医療機関病院)である。

沿革[編集]

  • 1953年(昭和28年)12月 - 大村市久原郷に長崎県立東浦病院として開院。精神神経科専門病院として開設される(病床数100床)。
  • 1985年(昭和60年)7月 - 現在地に新築移転し、長崎県立大村病院に改称。
  • 2004年(平成16年)4月 - 長崎県立精神医療センターに改称。同時に病床数を306から173に削減。
    • 従来は長期入院患者(主にアルコール依存症による)と一般外来が多かったが、この時期から急性期と思春期の精神科治療に特化する方向で内部組織や病棟の再編、長期入院患者の転院・退院促進を行った[1]
  • 2007年(平成19年)4月 - 精神科救急医療センターを院内に開設。
  • 2008年(平成20年)4月 - 医療観察法病棟を設置。
  • 2009年(平成21年)4月 - 長崎県から長崎県病院企業団に経営委譲され、現在の名称となる。

診療科目[編集]

  • 精神科
  • 神経科

指定・認定[編集]

交通アクセス[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 長崎県立精神医療センターの状況{{{1}}} (PDF)沖縄県庁福祉保健部医務・国保課サイト内)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]