長島誠一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

長島 誠一(ながしま せいいち、1941年10月5日 - )は、日本経済学者東京経済大学名誉教授[1]。専門は、マルクス経済学の理論・実証研究、景気循環論、恐慌[2]

当時の東京市目黒区に生まれたが、東京大空襲で被災したため福島県石川郡浅川町に疎開し、福島県立東白川農商高等学校卒業まで福島県で育つ[1]

高校卒業後、上京し、1961年一橋大学経済学部に入学[1]1965年に学部を卒業して一橋大学大学院経済学研究科へ進学し、1970年に博士課程を単位取得退学した[1]

1970年に一橋大学経済学部助手に採用され、1971年関東学院大学経済学部専任講師となり、1974年に助教授へ昇任した[1]1980年から1981年にかけて、カリフォルニア大学リバーサイド校に留学した[1]1982年、東京経済大学経済学部助教授に転じ、1983年に教授となった[1]2012年、定年退職し、名誉教授の称を受ける[1]

景気循環論、恐慌論を中心としたマルクス経済学の研究者として長く活動し、後には環境問題の観点を唯物史観、マルクス経済学に包摂する試みに取り組んで[2][3]ジェイムズ・オコンナーなどの議論を展開させた新しい社会主義の構想を提示した[4]

おもな業績[編集]

著書[編集]

  • 独占資本主義の景気循環、新評論、1974年
  • 現代資本主義の循環と恐慌、岩波書店、1981年
  • 入門経済学講義、東京教科書出版、1989年
  • 景気循環論、青木書店、1994年
  • 経済学原論、青木書店、1996年
  • 戦後の日本資本主義、桜井書店、2001年
  • 経済と社会 - 経済学入門講義、桜井書店、2004年
  • 現代の景気循環論、桜井書店、2006年
  • 現代マルクス経済学、桜井書店、2008年
  • エコロジカル・マルクス経済学、桜井書店、2010年
  • 社会科学入門、桜井書店、2010年
  • 社会経済システムの転換としての復興計画、績文堂出版、2013年

訳書[編集]

  • H・J・シャーマン、スタグフレーション:失業とインフレーションについての革新派の理論、新評論、1979年

共編著[編集]

  • 鶴田満彦との共編著)マルクス経済学と現代資本主義、桜井書店、2015年

出典・脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 長島誠一教授年譜ならびに主要業績目録 (PDF) 」 、『東京経大学会誌 - 経済学』第277号、2013年2月13日、 5-14頁、2013年3月28日閲覧。
  2. ^ a b 浜野忠司「長島誠一教授退任記念号の発刊に寄せて (PDF) 」 、『東京経大学会誌 - 経済学』第277号、2013年2月13日、 3-4頁、2013年3月28日閲覧。
  3. ^ 長島誠一 『エコロジカル・マルクス経済学』 桜井書店、2010年、11頁。
  4. ^ 若森章孝「長島誠一『エコロジカルマルクス主義』桜井書店 2010 (PDF) 」 、『季刊 経済理論』第47巻第4号、経済理論学会、2013年3月28日閲覧。

外部リンク[編集]