長屋吉忠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
長屋 吉忠
時代 戦国時代
生誕 文明12年(1480年
死没 永禄8年6月23日1565年7月20日
改名 長屋吉忠→元直
官位 下野
主君 毛利元就
氏族 大江姓毛利氏庶流長屋氏
父母 父:長屋宗親
兄弟 吉親吉忠
元安

長屋 吉忠(ながや よしただ)は、戦国時代武将毛利氏家臣。兄は同じく毛利氏家臣の長屋吉親

生涯[編集]

毛利氏庶家である長屋氏の当主・長屋宗親の次男として生まれ、本家の領地を分与されて別家を立てた。

天文5年(1536年)、安芸国高田郡長屋のうち正光名1町8段、山県郡北方のうち行近名2町5段、賀茂郡高屋のうち今居尻名1町を嫡子の米千代丸(後の長屋元安)に譲ったが、元安は実子の無いまま早世したため、兄・吉親の子である長屋元忠の次男・就安を元安の養子として、家督を相続させた。

永禄8年(1565年)に86歳で死去。

参考文献[編集]