鍋島直愈

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
鍋島 直愈
時代 江戸時代中期 - 後期
生誕 宝暦6年3月15日1756年4月14日
死没 享和元年7月2日1801年8月10日
改名 伊三郎(幼名)、直愈
別名 直喬(別名)
戒名 檀香院殿復聞通機大居士
墓所 佐賀県小城市鷲原の祥光山星巌寺
官位 従五位下、加賀
幕府 江戸幕府
肥前小城藩
氏族 鍋島氏
父母 父:鍋島直員
母:松子(静明院・五条為範娘・鍋島宗教養女)
兄弟 姉(諫早茂成室)、姉(大関増桓室)、直嵩
姉(正親町公明室)、直愈直賢
妹(鍋島直簿室)、妹(鍋島直容室)、直宜
妹(鍋島能完室)、田尻種信西豊明
妹(野口能賢室)
正室:鍋島重茂の娘・数子
側室:秀島記稔の娘・タミ(本性院)
側室:松崎利如の娘・三笠(良峰院)
直知、娘(鍋島直彜正室)、直堯
テンプレートを表示

鍋島 直愈(なべしま なおます)は、肥前小城藩の第7代藩主。

生涯[編集]

宝暦6年(1756年)3月15日、第6代藩主・鍋島直員の次男として小城で生まれる。宝暦14年(1764年)5月に父が隠居したため、家督を継いだ。明和7年12月(1772年)、従五位下・加賀守に叙位・任官する。

この頃になると小城藩では財政悪化が問題化していたが、それを示す逸話がある。安永3年(1774年)2月、幕府有栖川宮織仁親王江戸下向に対して、直愈を御馳走役(現代でいう接待役)に任じた。親王を迎えるとなると経費は莫大になるが、直愈はその必要経費である9500両のうち2000両ほどしか調達できなかった。このため、幕府に対して7000両の拝借金を嘆願したが、幕府はこれに激怒し、接待が終わった後に「不届き」であるとして直愈、そして本家の佐賀藩主・鍋島治茂を2か月間の差控(登城停止)にした。

寛政元年(1789年)10月、後の藩校・興譲館の前身である文武稽古館を創設する。寛政6年(1794年)4月、家督を長男の直知に譲って隠居する。

享和元年(1801年)7月2日に小城で死去した。享年46。