鋸歯文

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鋸歯文(きょしもん)とは、三角形を連鎖して表現した幾何学文様の1つ。の歯状に並べたように見えることから命名された[1][2]

中国代の青銅器などにみられるため、日本には中国から渡来した可能性がある[1]。一方で縄文土器の段階で既に存在していたとする指摘も存在する[2]

弥生時代以降になると様々な文物に用いられ、弥生土器銅鐸銅鏡埴輪古墳の壁面装飾などに見られる[1][2]。また、鋸歯文の中に平行線を刻んだり、彩色を施した文様も確認されている[1][2]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 坂詰『国史大辞典』「鋸歯文」
  2. ^ a b c d 加納『日本歴史大事典』「鋸歯文」

参考文献[編集]

  • 坂詰秀一「鋸歯文」(『国史大辞典 4』(吉川弘文館、1984年) ISBN 978-4-642-00504-3
  • 加納俊介「鋸歯文」(『日本歴史大事典 1』(小学館、2000年) ISBN 978-4-095-23001-6