銅蟲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:実物の画像提供をお願いします。2019年9月

銅蟲(どうちゅう)とは、銅板を(つち)で叩いて整形し、表面に「ツチ目」模様を施し、稲ので燻して磨き上げた広島県伝統工芸品。焦げ茶色の玉虫のような色合いを帯びる。江戸時代の初め広島藩主浅野公に仕えた銅細工師の佐々木伝兵衛が仕事熱心なあまり、「銅の蟲(むし)」と呼ばれたことに由来する。主に花瓶、飾皿、茶道具文具が製作されており、時代を経るほどに一層深い色としぶい光沢を帯びてくる。

関連[編集]

  • 松井一實(政治家) - 広島市長。父親・松井明雄が銅蟲職人だった。その弟子が岩本一功になる[要出典]

外部リンク[編集]