銀河系外天文学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

銀河系外天文学(Extragalactic astronomy)は、天文学の1分野で、我々の銀河系の外の宇宙を扱う学問である。別の言葉で言えば、銀河系天文学で扱われない領域全ての天体を研究する学問である。

観測機器の進歩により、現在はより遠くの天体を詳細に観測できるようになってきた。そのため、この分野を近銀河系外天文学(Near-Extragalactic Astronomy)と遠銀河系外天文学(Far-Extragalactic Astronomy)の2つの小分野に細分することがしばしば行われる。前者は我々の局部銀河群の銀河など、その内部(例:超新星残骸アソシエーション)を詳細に観測できるくらい近い天体を扱う。後者は、明るい現象程度しか観測できないほど遠方の天体を扱う。

以下のようなトピックが含まれる。

関連項目[編集]