鈴木鵬于

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鈴木鵬于(すずき ほうう、1910年明治43年)1月9日 - 1944年昭和19年)3月22日)は、日本俳人。本名は鈴木邦(ほう)。

経歴[編集]

愛知県渥美郡泉村(現田原市)に生まれる。幼い頃より頑健ではなく病弱だったため、遠方通学の無理がたたり体調を崩し、成章中学(現愛知県立成章高等学校)を中退。中退後は、静養のかたわら文学書を読み耽っていた。そんな折、前隣りの旅籠旅館盛義海水亭の主人であった川合茂助(俳号華光)から俳句を勧められ、俳句誌『石楠』に投稿するようになる。

  • 櫓の渦の消ゆれば消ゆる夜光虫   
  • 雛の夜をいづらへ去るや船の笛
  • 花棕櫚に大和の国の鐘をきく
  • 鳴きいしは風の残せし千鳥かな

などの句で、石楠同人に名を知られるようになった。

石楠俳人の主と好人物の女将の経営する盛義海水亭は、石楠同信の来訪には絶好の場所となり、臼田亞浪をはじめまさに多士済々であった。鵬于は、それら遠来の友と俳句、文学等様々なことを語り合うことを最大の喜び、楽しみにしていた。

1940年(昭和15年)に結婚し一男一女を儲けるが、1944年(昭和19年)心臓弁膜症により死去。享年35。

1946年(昭和21年)俳誌『三河』主宰市川丁子、『林苑』主宰太田鴻村の尽力により、遺句集『蔓荊』が発刊された。

作品[編集]

  • 朧夜のここに淡海の水ぐるま[1]
  • 行く春の暮の青さに漕ぎいづる[2]
  • 末黒野や膝にこぼるる握飯[3]
  • 雛の夜をいづらへ去るや船の笛[4]
  • 夕顔の種くれぬあてもなく播きぬ[5]
  • お遍路はおぼろの国の果に寝ん[6]
  • 遠山に青煙のぼり山帰来[7]
  • 暖流にましろくひかり豆の花[8]
  • げんげ田や昼は遺影が家を守る[9]
  • 駿河野のこゝに暮れゆく葱坊主[10]
  • たんぽぽや洋の響きは地にこもり[11]
  • 修道院へすかんぽの道ほそりゐる[12]
  • 燈台守に九月の空の澄み来にけり[13]
  • 薄月の薬師の道になに買はん[14]
  • 閉ぢし戸に月光あふれ海の村[15]
  • 秋風のてすりにかけし昼夜帯[16]
  • さめて野分のともし恋しく点しをり[17]
  • 天竜や露の干ぬ間の桑摘女[18]
  • 笛のよな顔して鹿の鳴きにけり[19]
  • 虫売りはあはれ善人の顔もてり[20]
  • 老村医こほろぎの夜を一二軒[21]
  • 鈴虫の河原に添へば燈の飯田[22]
  • 駒岳澄めば仙丈岳が降る草雲雀[23]
  • 段丘に霧おく日日を鮎さびぬ[24]
  • 紅雲一片鰯の群を率ゐ来ぬ[25]
  • 木の実はや土になじむを拾ひけり[26]
  • 暮れきればこころ机上の桔梗に[27]
  • 菱刈りの深き茜に浸りゐる[28]

作品集[編集]

  • 蔓荊 : 鵬于遺句集 鈴木鵬于著 新化堂本店(1946年)
  • 麦上 : 安藤甦浪遺稿 句集 安藤甦浪 著 ; 鈴木鵬于 編 三河(1936年)

出典・脚注[編集]

  1. ^ 俳句歳時記 春の部―平凡社版 38頁
  2. ^ 俳句歳時記 春の部―平凡社版 51頁
  3. ^ 俳句歳時記 春の部―平凡社版 104頁
  4. ^ 俳句歳時記 春の部―平凡社版 151頁
  5. ^ 俳句歳時記 春の部―平凡社版 211頁
  6. ^ 俳句歳時記 春の部―平凡社版 281頁
  7. ^ 俳句歳時記 春の部―平凡社版 496頁
  8. ^ 俳句歳時記 春の部―平凡社版 513頁
  9. ^ 俳句歳時記 春の部―平凡社版 518頁
  10. ^ 俳句歳時記 春の部―平凡社版 521頁
  11. ^ 俳句歳時記 春の部―平凡社版 523頁
  12. ^ 俳句歳時記 春の部―平凡社版 583頁
  13. ^ 俳句歳時記 秋の部―平凡社版 21頁
  14. ^ 俳句歳時記 秋の部―平凡社版 73頁
  15. ^ 俳句歳時記 秋の部―平凡社版 73頁
  16. ^ 俳句歳時記 秋の部―平凡社版 98頁
  17. ^ 俳句歳時記 秋の部―平凡社版 108頁
  18. ^ 俳句歳時記 秋の部―平凡社版 131頁
  19. ^ 俳句歳時記 秋の部―平凡社版 341頁
  20. ^ 俳句歳時記 秋の部―平凡社版 380頁
  21. ^ 俳句歳時記 秋の部―平凡社版 385頁
  22. ^ 俳句歳時記 秋の部―平凡社版 387頁
  23. ^ 俳句歳時記 秋の部―平凡社版 388頁
  24. ^ 俳句歳時記 秋の部―平凡社版 419頁
  25. ^ 俳句歳時記 秋の部―平凡社版 429頁
  26. ^ 俳句歳時記 秋の部―平凡社版 449頁
  27. ^ 俳句歳時記 秋の部―平凡社版 546頁
  28. ^ 俳句歳時記 秋の部―平凡社版 603頁

参考文献[編集]

  • さるみの会編 『東海の俳諧史』 名古屋泰文堂、1969年