鈴木芳如

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
鈴木 芳如
誕生 俵よ志
(1884-06-16) 1884年6月16日
日本の旗 日本東京府麹町区
死没 (1972-11-15) 1972年11月15日(88歳没)
職業 俳人
言語 日本語
ジャンル 俳句
代表作 雑誌『こよろぎ』、文集『串柿』
配偶者 鈴木安二
テンプレートを表示

鈴木 芳如(すずき ほうじょ、別名:すずき ほうにょ[1]1884年明治17年)6月16日[1][2] - 1972年昭和47年)11月15日[1][2])は、明治・昭和期の俳人。本名、よ志[2]。文具店「オカモトヤ」の会長も務めた。

経歴[編集]

1884年(明治17年)、士族の娘として東京府麹町区(現在の東京都千代田区麹町)に生まれる[2]

18歳の時、写真技師を志し神田小川町の写真館に勤める[2]1908年(明治41年)、写真館の主人の息子である鈴木安二と結婚[2]。二男二女をもうける。夫・安二の事業失敗により[2]1912年虎ノ門[要出典]文具店を開業した[2]。のちに「オカモトヤ」を創業。

夫の安二が亡くなると[2]、家業の傍ら俳句を志して黒岩漁郎、竹原泉園に師事[2]。「さつき」「欅」の門をたたく。1940年頃より原石鼎に師事し[2]、「鹿火屋」にも参加。池内たけしにも学んでいる[2]

1943年(昭和18年)[2]神奈川県大磯町にある鴫立庵の18世庵主となる[1][2]

1948年(昭和23年)、句誌「こよろぎ」を主宰[2]中村汀女深川正一郎らも参加していた。

1949年(昭和24年)に貞明皇后が鴫立庵に行啓、1951年(昭和26年)には西行の歌碑(佐々木信綱揮毫)を庵内に建立する。毎年3月に行われる大磯町の「西行忌」は、芳如の発案とされている。

1962年(昭和37年)、高齢を理由に鴫立庵庵主を山路閑古に譲る[2]

1972年(昭和47年)、350号をもって「こよろぎ」を廃刊[2]。同年、句道発展の功により、勲六等宝冠章を授与される。同年11月15日、死去[2]

代表句

春の海 ささら波して 遠からず (鴫立庵内の芳如句碑「ささら波」より) 

著書[編集]

  • 自伝『あの頃』鴨立庵保存会東往吟社、1953[2]
  • 文集『串柿』1939[2]
  • 『子露柿』(鈴木よし女名義)1944[2]
  • 没後句文集『ささら波』2巻、1977[2]
  • 『芳如家集』1974[2]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

参考文献[編集]

  • 『人物レファレンス事典 昭和〈戦後〉・平成編2〈2003-2013〉あ-す』日外アソシエーツ株式会社/編、日外アソシエーツ、2013年、新訂増補。ISBN 9784816924392
  • 『日本女性人名辞典』芳賀登・一番ヶ瀬康子・中嶌邦・祖田浩一/監修、日本図書センター、1998年、普及版。ISBN 4820578812

外部リンク[編集]