鈴木義兼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鈴木 義兼(すずき よしかね、天文7年(1538年)-1600年以前)とは日本の武士

紀伊雑賀衆の一人、鈴木佐大夫の子、紀伊国平井を拠点に主に活躍していたとされる。 鎌倉時代の雑賀家始祖である源義兼と名が同じであるため、雑賀孫一と同一視されることもある。